安全性・飲み方

ビークレンズは妊娠中や授乳中でも飲める?【子どもへの影響は・・?】

ビークレンズは妊娠中や授乳中でも飲める?【子どもへの影響は・・?】

「ビークレンズは授乳中や妊娠中でも飲めるの?」

授乳中や妊娠中でもビークレンズを飲んでみたい!と思っている人も多いのではないでしょうか?
特に、産後太りに悩んでいる方はかなり気になっているかもしれません。

でも、「ダイエットのために使いたいけど、子どもに影響がないか」は不安ですよね?

ここでは、授乳中や妊娠中にビークレンズが飲めるのか?を詳しく検証した結果を解説していきます!

ビークレンズは授乳中でも飲める?

結論から言うと、ビークレンズは授乳中にも飲めます。

そもそも、ビークレンズは医薬品ではなく健康食品ですし、おっぱいの中に溶けてまずいような危険な成分も入っていないので、安心してください。

念のため、全成分をこちらに記載しておきます。

難消化性デキストリン、エリスリトール、黒胡椒エキス末、発酵紅茶エキス末、殺菌乳酸菌末、植物発酵エキス末、ヤシガラ活性炭、伊那赤松妙炭、L-カルニチンフマル酸塩、ヒハツエキス末、ギムネマシルベスタエキス末、豚プラセンタエキス末、ブラックジンジャーエキス末、プロテオグリカン含有サケ鼻軟骨エキス末/炭末色素、酸味料、酸化マグネシウム、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、ビタミンE、ベタイン、ヒアルロン酸、シクロデキストリン、葉酸、(一部に小麦・乳成分・オレンジ・キウイフルーツ・さけ・大豆・バナナ・もも・やまいも・リンゴ・ごま・カシューナッツを含む)

むしろ、次の授乳中に良いとされる成分も入っています。

授乳中に摂りたい成分
  • 葉酸
  • ビタミンE
  • マグネシウム

さらに、ヒアルロン酸やプラセンタ、プロテオグリカンなどの美容成分も入っていますので、トラブルになりがちな授乳中の肌もサポートしてくれます。

 

ビークレンズは妊娠中にも飲める?

こちらも先に結論ですが、ビークレンズは妊娠中にも問題なく飲めます。

授乳中と同様に、危険な成分は一切入っていないので安心です。

特に成分に入っている『葉酸』は妊娠中に必須とされていますので、別でサプリとして飲んでいる人も多いですよね。

また、妊娠中は特に美容成分を取りにくいですが、ビークレンズであればヒアルロン酸やプラセンタ、プロテオグリカンなどが豊富に配合されています。

このように、妊娠中の栄養サポートとしても利用できますね。

 

ビークレンズを授乳中や妊娠中に飲む時の注意点!

ビークレンズを授乳中や妊娠中に飲むのは問題ありません。

ただし、授乳中、特に妊娠中のダイエットはあまり良くありません。
ビークレンズを利用して過度に減量しようとしたりせず、体調や美容の維持を目的として使用するのをおすすめします。

授乳中、妊娠中は無理をして痩せようとせずに、授乳が終わった落ち着いた時期からダイエットをはじめてみてはいかがでしょうか。

 

ビークレンズのリアルな口コミを知りたい人は次の記事をご覧ください。
→ビークレンズの悪い口コミは?【ダイエット効果のウソホントを大検証】