安全性・飲み方

ビークレンズに副作用はない?【注意点に気をつけないと下痢ってマジ?】

ビークレンズに副作用はない?【注意点に気をつけないと下痢ってマジ?】

「ビークレンズって副作用は大丈夫?」
「安全なら欲しいんだけど・・」

やっぱり体の中に入れるものなので、副作用などの安全性は気になりますよね?

結論から言うと、副作用の心配はありません。
ただし、注意点は2つあります。

ここでは、副作用がない理由と、安全性についての注意点を詳しく解説していきます。

ビークレンズに副作用がない理由は3つ

ビークレンズは詳しく調べてみると、極めて安全で副作用の心配はないものということが分かりました。
その理由は3つあります。

副作用がない理由①安全な成分しか含まれていない

ビークレンズの全成分は次の通りです。

難消化性デキストリン、エリスリトール、黒胡椒エキス末、発酵紅茶エキス末、殺菌乳酸菌末、植物発酵エキス末、ヤシガラ活性炭、伊那赤松妙炭、L-カルニチンフマル酸塩、ヒハツエキス末、ギムネマシルベスタエキス末、豚プラセンタエキス末、ブラックジンジャーエキス末、プロテオグリカン含有サケ鼻軟骨エキス末/炭末色素、酸味料、酸化マグネシウム、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、ビタミンE、ベタイン、ヒアルロン酸、シクロデキストリン、葉酸、(一部に小麦・乳成分・オレンジ・キウイフルーツ・さけ・大豆・バナナ・もも・やまいも・リンゴ・ごま・カシューナッツを含む)

この成分の中に危険なものは一切含まれておらず、安全なものばかりで構成されています。
むしろ、腸内フローラを正常化するチャコールや美容に良いプラセンタ、プロテオグリカン、ヒアルロン酸などの体に良いものが豊富に含まれています。

副作用がない理由②副作用の口コミはなし

ビークレンズには副作用があったという口コミはありません。
ネットの隅々まで探してみましたが、そういった意見はありませんでした。

かなり普及しているのに、副作用の口コミがないのは、安全性の高さを表していますね。

副作用がない理由②そもそも強い作用があるものではない

ビークレンズは、そもそも強い作用のある医薬品のようなものではなく、あくまでサプリメントです。
飲んで劇的に体が痩せるようなものではなく、緩やかに作用して痩せ体質を徐々に作っていくものです。
急激な体質の変化があるようなものだと、個人的にはかなり怖くて飲めませんが、ビークレンズはそんなこともなく安心して飲めるサプリメントと言えます!

 

ビークレンズに副作用はないが、安全性に関して2つ注意点あり

ビークレンズは副作用自体の心配はありませんが、安全性について次の注意点があります。

注意点①アレルギー持ちの人は注意

どんな食品にも言えることですが、あなたがもしアレルギー持ちの場合は、該当する成分がないか必ず確認するようにしましょう。
成分/原材料については、冒頭で記載しているのでそれを見れば大丈夫です。

注意点②大量に飲むとお腹がゆるくなる場合あり

ビークレンズは1日一本を目安と推奨されています。

しかし、早く痩せたいなどの理由で大量に飲んでしまうと、お腹がゆるくなってしまい、下痢になる可能性もあります。

実際にある口コミでは、大量に飲んでしまってお腹がゆるくなってしまったというものもありました。

ですので、早く痩せたいからといって、1回に10本も20本も飲むのはやめましょう。

※一気に飲めば飲むほど痩せるものでもありません。続けるのが重要です!

とは言え、注意点を守れば安全

ビークレンズは、2点の注意点を守れば極めて安全に飲むことができます。

次のように、厚生労働大臣が定めた品質基準をきっちり守っていますので、品質も万全です。

 

→ビークレンズのリアルな口コミやダイエット効果を知りたい場合はこちら